キャベツ焼の紹介 メディア出演一覧 携帯サイトの紹介 店舗一覧 スタッフ紹介
スタッフ紹介
 

2009年 3月

◆ キャベ焼社長の[気・持・ち] ◆

〜 毎日の積み重ね 〜

平凡で終わる人ってのは、どうも、この毎日の積み重ねの本当の恐ろしさを知らないのではないでしょうか?

そんな気がする。

ある時にフッとした 自分の自然な表情を鏡越しに見た事ありますよね。
一回や二回は。

びっくりしなかった?

思ってた以上に醜い自分...。
無駄についた贅肉...。
アゴのライン...。
私、こんな顔だったかな!?


まだ こんなんマシや!鏡に映る自分は...一応、まだ すましてみたり、カッコつけてみたり、ありと あらゆる工夫を施して、鏡越しの自分を演出するから。

本当に怖いのは、その自然の時の本当の本当の自分自身だぁ〜!!

例えば、すぐ怒る

自分が 得したら 笑う...そう その醜い最低な笑み...。
イヤ〜!!絶対に イヤ〜!
そんな 大人だけには 絶対になりたくない!
私が キャベツ焼の仕事に関わって 一番驚かされたのが、この人間の表情であり、表現力です。


たった一枚100円(17年前は100円でした。)のキャベツ焼を買うのでも それはもう 100人 100通りの買い方があるから、びっくり!

感じのいい人、悪い人、無愛想な人、お金を 投げる人。

こっちまで おもわず 笑えんでしまいそうな、笑顔で買って帰る人 などなど。

その人間の「表現力」の凄さを 毎日、目の当たりにして、考えに考えた結果。。。

少なくとも、私は感じのいい大人になろう!

そうしよう!と心に決め、日々 その「表現力」を毎日の積み重ねとしています。


例えば、買い物をする時は、お金は きちんと相手に渡して「ありがとう」と言います。

気に入った物を買える。売ってもらう事に喜びを感じて、「ありがとう!」と言っています。
歩く時なんかは 出来るだけ、ゆったりと、真っ直ぐ下を見ずに歩くようにしています。

信号なんかで、赤になろうとしている時に 走ったりはしません。
人と扉の所で ばったりなった場合なんかも 必ず、相手に先に、通ってもらうようにしています。
いくら 急いでいても、慌てない様にしているし、言い出すと、きりがないくらい、自分自身の表現力に注意を払ってきました。

一番、一番 気を付けている事は、相手に 不快な気分にさせない様にする。


だって 結局、どんな人にでも 嫌われたら 損か得かと言えば...損ですよね。
どんな人が嫌われる?そう不快な気分にする人...うるさい人、かさだかい人、などなど。


そうしなければ、少なくとも嫌われる事は、きっと ないだろう。
イヤ、あったとしても、何も気にせずに毎日過ごしている人よりはマシだろうと、信じて、自分に規律を持たしています。
キャベツ焼の仕事につきたての若かった私は、初めは、これがなかなか出来ずに、クヨクヨしたり、へこんだりしてたけど、最近は 少し板についてきたかなって思える自分が居て、あーーーーー。やって来て、よかった!!って思っています。


これからも、自分を規律と共に!

キャベ焼グループの代表者として 皆の模範になる様な 表現力を身に付ける事を ここに宣言します!!!
 

毎度おおきにキャベっつあんやで〜♪
 

  

◇ 最新の 『スタッフ紹介』 へ戻る ◇

ページの先頭へもどる
大阪 名物 キャベツ焼き 天満 鶴橋 粉物 お好み焼き たこ焼き 
Copyright (C) 2004 Kyabeyaki-Group CO.,LTD All Rights Reserved.