キャベツ焼の紹介 メディア出演一覧 携帯サイトの紹介 店舗一覧 スタッフ紹介
スタッフ紹介
 

2009年 1月

◆ キャベ焼社長の[気・持・ち] ◆

〜 またいとこの朋ちゃん 〜

私には、気の合う女性が一人居ます。めったには、会いません。
朋ちゃんは 結婚して何年目かな? 私の少し後だったから 10年位になってるかな。

現在、小学4年生と2年生の娘を持つお母さんになっています。
彼女との付き合いは そら、長いですよ〜。
だって 産まれて お互い もの心つく頃からの付き合いですもん。

大人になってからは、しょっちゅう会えなくなったけれど、お互い子育てが終わって、自分の時間が持てるようになった時は、いいお茶飲み友達の関係になるのじゃないかと思ってる女性です。

ついこの前、「只今妊娠中↑」と報告メールしたら、「お祝いにランチしよう!!」 って事になって、4年ぶりに会いました。

その時、調度クリスマス前だったので、私と娘で作った 手作りのクリスマスリースをプレゼントしたら「昌美ちゃんって本当に気前がいいね!」

「小さい時から 色々とプレゼントしてくれたの覚えてる!?」って 改めて 言われて 小さい頃の事を少し思い出しました。
私は、父が7人兄弟の長男。母が4人兄弟の長女。

 その間に産まれた私が、3人兄弟の長女って事もあって身内が集まると 私は上の大きなお姉ちゃん。その為 小さい子供たちと遊んだり、世話をしたりする機会が多く そんな時には、よく 自分のおこずかいを貯めては、当てもん(当てもん...分かるかしら?くじ引き)を作って ちょっとした物を景品にして みんなにプレゼントしたり、手紙のやり取りをしては、靴下やハンカチなんかを一緒に送ったりして、自分自身が楽しんでたんだけども、きっと もらった側の朋ちゃんは 小さい時の嬉しかった思い出と、今、現在でも変わらない、私を褒めてくれたんだと思う。

ある本の中に...お金の使い方の事が書いてあって その本には もう何千年も昔に書かれた内容の話なんだけれど、どんなに貧しくても、その貧しさは、あるお金の原則を守ると、必ず 貧しさから抜け出すことが出来。また、その逆に どんなに金持ちでも、その原則から外れると、結果は必ず貧しくなって行く...といった内容。
興味深いでしょう〜!?

言いますヨ〜!!!

収入の70%で生活しなさい!!
10%は預金。 10%は自分への投資。残り10%で借金返済。(この本の場合は貧しさから抜け出る人のためのアドバイスだったので借金返済になっていましたが...
もっと最近の本になってくると、ここが寄付となっていたり、税金となっていたりします。)


どうですか!?このお金の原則!

その通りなんですよね。だって、凄く収入の多い人がいたとしても、その収入以上お金を使っていては、とうてい、その生活は続くはずはずがないし。

貧しくて借金まみれだったとしたら、ご飯 食べるお金まで借金返済にあてていたら、そんなこと 続けられるはずもない。

ただもう一つ、原則の中の大きなミソがあったのに 私は目をキラリン☆彡と輝かしたのですが。

収入の10%は預金。そして、その預金したお金を遊ばしてはならない。全て、働かすのだ!と書いてありました。
そのお金を基にして、お金を働かして、増やしていく事が出来れば、一生お金に困る事が無い!と。

そして、そのお金の働かせ方は、おのおのが、経験し学んでいく事。
(私はこの文章が凄く興味深かったんだけど、これが世に言う 人生の成功の秘訣みたいなものやろなあと。ははーん!と妙に納得しました)
話は戻って...

プレゼントの話なんだけど、私はたまたま、小さい時から、人にプレゼントをあげる事が とっても 好きで それがたまたま 大人になった今でも、自分の習慣であります。

お金の原則ってものが本当に存在しているのであれば、貧しい時から、その原則を守り、それに従い どんどんその力を大きくして行けばいいんだと言う事。

分かりますう?「お金持ちになったら、そら〜貯金も出来るし、自分に投資も出来るし、借金も一括で返したるわい!人にプレゼントもあげるし、困ってる人がいたら 寄付もするわい!」
と思ってる人が居たら、それはどうでしょうか。

人間は習慣の中で生きています。

そうです!そうなった時(この場合、お金持ちになった時)では もう遅いのです。
今、どんなl金額の収入であっても、収入の少ない、多いでは無いのです。

さあ、収入の70%での生活を始めましょう!

そして、10%は自分への投資 10%は貯金(このお金は遊ばさない。)10%は借金返済もしくは寄付or税金へgo!!!

私は人にプレゼントして、プレゼントの達人になるぞー!
考えただけでもワクワクするー(笑)


毎度おおきにキャベっつあんやで〜♪
 

  

◇ 最新の 『スタッフ紹介』 へ戻る ◇

ページの先頭へもどる
大阪 名物 キャベツ焼き 天満 鶴橋 粉物 お好み焼き たこ焼き 
Copyright (C) 2004 Kyabeyaki-Group CO.,LTD All Rights Reserved.